水道 工事を依頼するときの注意点

水道 工事を依頼するときにはどういった注意点があるのかを知ることで、選択を間違えることを避けられます。水道工事業者選びによってトラブルを回避できるため、どこでも同じと考えるのは大きな間違いです。注意点を把握したうえでの選択を心がけましょう。

■指定給水装置工事事業者なら安心

指定給水装置工事事業者に水道工事を依頼するのは基本中の基本となります。もしも指定給水装置工事事業者でない業者が施工した場合には、給水を停止されてしまうことがあります。もちろん、工事料金にも大きく影響する点になります。水道工事にかかる料金は工事の種別、材料によって異なります。
新築や増改築の場合は、加入金や手数料が市納金として必要です。工事を依頼する場合は、指定給水装置工事事業者から選択することをまずは考えた方がよいでしょう。

■どういったトラブルがあるのか

水道工事を依頼するにあたってどういったトラブルがあるのかを頭に入れておくのも大切になります。業者に依頼するとき、ただ漠然と全てを依頼してしまうと、見積もりが無料か有料か、出張料の有無、アフターケアの料金やどこまで対処してくれるかで業者と依頼者の認識違いが起こる可能性があります。認識違いは後々のトラブルに繋がりますので注意が必要です。これらのトラブルを回避するためには、事前に確認しておかないといけないことも少なくありません。工事をしてもらった後にトラブルが表面化するのがもっとも厄介といえるでしょう。水道工事業者の言い値で料金を支払わないといけないことも少なくないため、事前にトラブルを回避する意識を持ちましょう。

■まとめ
水道工事を依頼するときの代表的なトラブルの内容は事前に頭に入れておいた方がよいでしょう。大きなポイントになるのは指定給水装置工事事業者であるかどうかです。また、工事後に想定していなかったことを要求された場合は解決が難しくなってしまうため、事前にしっかりトラブル回避を意識しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ